nana_tkのdiary

東京都在住アラサー→アラフォー女性の日記です。

エレファントカシマシ

エレファントカシマシ 日比谷野音 2011

日比谷野音行ってきました!

連れて行ったお友達のお陰で、なんと最前列!

みやじが手に届きそうなところまで来てくれて、失神寸前。

あらためて、華奢だなぁーって思ったです。

「45歳になってあんまり散歩しなくなった」みたいな事を言っていて、時の移り変わりを感じました。

最前列だったので、たまに後ろを振り返って「これをミヤジが見てるんだー」て思ったり。

空を見上げると雲がすごい勢いで流れていて、ロックな空でした。

後半の「友達がいるのさ」では、靴脱いでましたね。しばらくして履きなおしたけど、かかとつぶしたままで転ばないかヒヤヒヤしました。

「歴史」「孤独な旅人」「風に吹かれて」「翳り行く部屋」「武蔵野」「明日への記憶」「幸せよ、この指とまれ」「友達がいるのさ」あたりがツボでした!

「秋」「散歩」がキーワードだったっぽいです。

石君には、「前に出ていいよ」みたいな合図をよくしていて、その合図があると石君が前に出て行くのが可愛かった

会場に溢れるあったかい空気が最高でした!

それにしても45歳にしてあのカッコよさは異常〜〜



エレカシ&日比谷野音

ふと、エレファントカシマシの古めなアルバムを聞いています。

「悲しみの果て」なんかが大ヒットした頃のアルバム。

Vo.の宮本さんが34歳くらいの頃でしょうか。。

今40歳の声とまた違ってとてもよい。。

肉体的な面では、多分絶頂期なんでしょうね。

力強さと哀愁がすばらしい。。
まっすぐに伸ばす歌い方は、この時代ならではの歌い方で。

普段、どちらかというと高い声の男性ボーカルが好きなのですが、宮本さんだけは特別。

まさしくこの郷愁が男っぽくて大好きなのです。。

***********************

とはいえ。。。

こないだの日比谷野音でも、この当時の曲を歌っていましたが、やっぱりこの時代の声の方で歌われた方が格段に良いです。今が悪いわけではないのですけどね。

心の状態も関係しているんでしょうね。

そういう気分の時に作って歌った曲を鮮度そのままで聴くのが一番なんでしょう。。

**********

40才になって、かっこつける、というのがなくなったそうです。

むしろ、ダサいかもしれないけど、「みんな頑張ろうぜ」って真剣に歌えることが、かっこいいことだ、っていう気持ちだとのこと。

昔のインタビューによると、ライブで「みんな」と呼びかけることはまったくなかったそう。(20代の頃はMCすらしなかったらしい)

それが30代でブレイク寸前の頃から「everybody!」と呼びかけるように変わったそうです。(Rockin' onの佐藤さんがすっごい驚いていた)

それが、40歳になって、ライブで「みんな頑張ろうぜ!!」と本気で絶叫するようになった、って。

宮本さんの最近のメッセージは、「今の自分を信じてみようぜ」というもの。

一見、青臭いですよね。。

でもその青臭い台詞を、40歳だからこそ、まっすぐに届けられる、というのが誇りだそうです。

*******************

最近の宮本さんのライブの時の歌は、「みんなの心に届け」という気持ちがビンビン伝わってきて、本当に感動します。
純粋に心を歌に乗せるって本当にあるんだなぁ、と実感。

最近のインタビューを読むと、ライブに来てくれる人は広い意味で友達であり、その友達に「一緒に頑張ろうぜ」という気持ちを届けたい、と思って歌っている、とのこと。

そのインタビューは今年新年のライブの時のことを語ったもの。そのライブ行きましたが、「今の自分を信じよう」って本気で思いました。何なんだろう、すごいジーンと来て素直にそう思ってしまった、というのがその時の感じ。

本当に届くんですね。

*****************

先月の野音では、夜が更けるにつれ、風にのって初夏の緑の匂いが。そして、月が出ていました。

月と風はエレカシの詩によく出てくるモチーフなので、あまりの出来すぎ感に、いい意味であきれ返りました。

その月明かりの元、あの名曲「なぜだか俺は祈っていた」を絶唱。スポットライトの中、シルエットで全身で歌い上げる姿。

日比谷の街に響き渡っておりました。

私も、何にか分からないですが祈ってしまいました。。



つくづく、歌って本当にすごいなぁ、って思ったり。

ていうか、宮本さんがすごいのか。

秋のライブも当然行きます!

エレカシライブ@Zepp Tokyo 2008年1月7日

今年も行って来ました。

もぉ…、今年もエレカシから目が離せません!

相変わらずの弾けたMCには大爆笑しました。
正確には覚えていないので意訳ですが、覚えているMCをいくつか。

「人生は旅だ」と語った後に、「やりすぎ?」とつっこんでたり。

「俺もプチセレブになって、税金対策する(?)」みたいな話で、「U2が寄付する
のか?寄付なんてばかばかしい」・・みたいなこと言っていました。「こう言えるのも相手が俺を知らないことが前提だ」(→爆笑)「気の小さいオヤジは大言壮語だ」とも。。。。「俺甘えてますか?」みたいなことも言ってましたね。

去年のライブの時は、「オナラブー」で少々引きましたが(笑)、今年はおしりペンペン(いつもやっておられますが)の後に、「ペンはぺんぺん草より強し」とのたまっておられてまた爆笑。

「君らのことは俺が3年間保証する」「3年経ったらまた来い」とか言ってました。「俺もお前たちを応援しているからお互い様だ」とも。(このコメントは嬉しい!)

最後の方、「今日もいいライブになって、みんなにいいプレゼントになったと思う。でも金取っておいてプレゼントもないだろうが?!」と一人つっこみ入れていました。

やはり今年も、ミヤジから目が離せません!

曲の方も、最後に歌った新曲「俺たちの明日」(という名前のようです)がとっても良かったです。これはCMタイアップしてほしいなぁ〜。

今回良かった曲は・・・
「風にふかれて」
「孤独な旅人」
「なぜだか俺は祈ってゐた」

この3つは、声が・・・・心に沁みました。。。

「珍奇男」「So many people」「ガストロンジャー」→これはとにかく盛り上がりましたぁ。

宮本さんも私たちを応援してくれているそうなので、本気にしてマジで今年も頑張ろうと思います!!おじさんから、ほんと元気もらいました。


「流れ星のやうな人生」

エレカシのHPの掲示板に、こんな書き込みがありました。

この曲の歌詞を思うと、なんともいえない気持ちになって涙が・・・。

こんなことってあるんですね。小説みたいです。
書き込みされた方から了解を頂いたので転載します。

(この曲、iTune Music Storeでも着うたでもダウンロードできます★)

--------------------------------------------------------------------------

今月引越しすることになった僕は今夜、部屋を片付けていました。

机を整理したら高校や中学生の頃の懐かしい教科書なんかがいっぱい。
しまいには小学生の頃読んだ本が出てきておおはしゃぎで真剣に読んでみたり・・

そのうち棚を整理したらヘンテコな箱が。なんだろうと思って開いたら中学生の頃に作った覚えがあるラジオでした。
「まだ点くのかな」と思ってスイッチを入れたらまだ聞けるんですよこれが。
もう9年くらい経ってるのにすげぇなぁ・・ってチャンネルを回していくと・・

「遠い空〜から落ちてきたぁ〜♪流れ星のような人生〜」

「えぇええええええええええ!!!!!!!????」ってもう一瞬何が何だか分からなくて・・ハッとしてすぐにラジオを持っておばあちゃんのところへ全速力。
「おばあちゃんおばちゃん!!聞いてコレ!聞いて!!」

あまりにも興奮してる自分に一瞬何がなにやら分からない様子のおばあちゃん。

でもすぐに「あぁ〜この前聞かせてくれた『流れ星のやうな人』?」って気づいてくれた。
「ううん、人じゃなくて人生だよ」って答えるとすぐさま部屋に戻ってラジオに耳をつけたら宮本さんの声が聞こえてきた。
「なんか一生懸命やって・・本当に嬉しい」みたいなことを言っておられました。

僕はその歌を聞いていると涙が出ました。CDで聞くのとはまるで別物で・・

それに、目の前の昔の教科書とか日記見てると、
あの頃真剣に抱いていた夢とか希望とか思い出して・・

今の自分を思えばこそ、僕はどこかで人生の選択を間違ったんじゃないかとか
色んな事が頭をめぐって涙が出ました。

でも「今の自分を信じてみなよ」っていう最後の歌詞に勇気付けられました。

今調べたら、もとから今日出演する予定だったんですね。
恥ずかしながら知らなかったもので、吃驚しました。
二度と使う事なんてないと思っていたラジオから流れる宮本さんの声と
エレファントカシマシの演奏・・言葉じゃ表せないくらい今夜は感動しました・・。

--------------------------------------------------------------------

この話を読んで・・すっごいツボに入って1リットルくらい涙が・・・。
おばあちゃんのかわいいリアクションがまた良いです。

「町を見下ろす丘」

エレカシの新譜。

今回は宮本浩次さんはどんな境地に至ったのか?と思いながら聞いてみました。

曲というよりもう生き様を楽しみに待っている感じ。

でも、声の良さにやられました。詩もすごくいい。

びっくり。今回はホントに名盤かもしれない。


午前4時くらいに聞きたい曲が多いです今回は。

人生振り返るような歌詞が多いです。
全体的に沁みる感じ。

ずっと「勝利」にこだわってきたのが、
もうこのアルバムには勝ち負けという言葉は出てこなくなりました。

ちがう場所に今はたどり着いたのかなぁって。

とにかく、声がすごいよいです。物理的に胸の奥あたりに響くのは何故??
今日、全然しみじみな心境じゃなかったのに、しみじみさせられてしまった。。
声で泣かせられるってあるんですね。

なかでも「なぜだか、俺は祈っていた」という曲は詩がすごくいいです。
あと、「流れ星のやうな人生」も。

ぜひ聞いてください!

宮本浩次っていう人はこれからどんな風に生きてくのかなー、
どんな死に方するのかなーってボーっと考えてしまいました。

町を見下ろす丘

エレカシ らいぶー@ぜっぷTOKYO

新春ライブ行って来ました。

いきなり新春早々、「俺の道」!
化ケモノ青年で 酒もってこい〜。いいから酒持って来い!!(お正月だね!)

悲しみの果て・今宵の月のように・昔の侍・・・と嬉しい選曲★しみじみ、いい声だ〜

ガストロンジャーで、毒吐いた後に「がんばろう!」ってうけた。
周りの人たち結構笑っていたよ。

最後、オナラブーって連呼してなかった??聞き間違いか?

宮本語録:

「今日はおせち料理コンサート」・・・選曲が幕の内・・というのをひねってみたけど
会場中、「?」が浮かんでいた。
「皆今年は輝こう」と言った後に、「全員だと大変だから7割の人が輝いて残りの人はしっかり生きていってください」・・・・ (笑)
「話している途中に話しかけるな!」・・あの時何を話そうとしていたのだろう。。
「今年は勝ちに行こうぜ!」・・・うん!!

とにかく、ノリノリの宮本先生でした。

私としては、「武蔵野」が聞けたので大満足!!いい曲だ!沁みる!!

今日は、昼から2002年ライブDVDを見てテンションあげていきました〜。
やっぱりミヤジカッコいい〜。初めは黒ジャケット姿。途中、シャツがズボンから次第にはみ出して行き。髪の毛、相当伸びていましたね。

今日のセットリストは・・・
続きを読む

【エレカシ】1月8日新春ライブチケット買った〜

f671118d.jpg

またまた一般販売を逃してしまい、チケットショップで購入。+1000円なり。

2回も見逃してる(チケット無駄にしてる)ので、今度こそは!
日曜日だし。

新春からミヤジが見れるなんて。イエー

【エレカシ】エレファントカシマシ Life Tour 2002 DVD5

ブログネタ
おんがく に参加中!
なんとなんと、買ってしまいました。ライブDVD。
実は、TSUTAYAで3回も借りたの。
だったら買え〜、って友達に言われて、買いました

このDVDの宮本先生には、ちょっと狂気を感じるのは私だけ?
目がヤバい(笑)。

そして山崎さんとのインタビューも収録されていて
これがまたおもしろい!!
飲み屋でとぐろまいてるおやじかーって感じでミヤジ節全開です。

「日本 夏」エレファントカシマシ

ネット販売限定のエレカシのライブ盤が2枚でました。
「日本 夏」と「野音 秋」 です。



ライブ盤!ってことで、早速予約購入しました!!

今のところ、「日本 夏」しかまだ聞いていないけど、すごくよいです♪
というのも、こちらは「Rockin' Japan Fes」のライブ盤なのです。
2001年から2004年のライブから2〜3曲ずつ入っているの。
私は、01年と02年は見に行ったので、「あのときの曲だ!!!」ってことで
本当ーに懐かしいし感動。「ああ、あの時こんなこと言ってたなぁ」なんて。

このときは、エレカシのファンじゃなかったんだけど、特に01年は
ブレイク時のヒット曲中心だったので、「あー懐かしい」って思ってたんだよね。それで去年、ふと思い出してエレカシを久しぶりに聞いたら、はまってしまったというわけで、思い出深いライブなんです。

01年の時の曲は、「ガストロンジャー」「孤独な旅人」「悲しみの果て」です。01年の時は日が落ちるときに出てきたので、「悲しみの果て」なんて夕日が出てるなか歌ってたんです。本当にいいなーって思ったのを覚えています。

今年も行きます。一人だけど。。。大丈夫かな・・?

エレカシ野音

エレカシの野音のライブ、プレオーダーで抽選に落ちて、
一般の申し込みなどする余裕もなくて結局行けなかった。

右上のリンクにあるサイトからBBSを久しぶりに読みに行ったら、
すーーっごい良かったみたいで、本当にいけなくて残念。。

もっと根性出してればよかった。

仕事で余裕ないのって本当に人生損しちゃうな〜…

「武蔵野」という曲、宮本先生が声をつまらせていた?とのコメント。
いい曲なんだよなー。ホントに。

しかし、「男は勝たなきゃいけないんですかねぇ…」ってつぶやきは
すごいな。。この人、いっつも勝った負けたって言ってるけど、何に勝つのだろうか…といつも思ってるんだけど、やっぱりそもそも勝たなきゃいけないのか、って悩むよなぁ、と納得してちょっと嬉しかった。

そうやってぐちゃぐちゃと無様に悩み続けてしぼりだした曲が
ずしーんといい曲なのが、すっごい好き。

Recent Entries
  • ライブドアブログ