nana_tkのdiary

東京都在住アラサー→アラフォー女性の日記です。

映画・ドラマ

Xファイル シーズン8まで来た

最近の毎日の楽しみは、「Xファイル」を見ること。
今、シーズン8まで来た。
思えば、半年くらい前から見始めて、やっとここまで来たよ〜。

といっても、CATVのを録画して週末とかにまとめてみている。
シーズン8では、モルダーがいなくなるんです。
スカリーがモルダーの子を妊娠して、モルダーは宇宙人に
abductされるという状況になってしまいました。

モルダー早く戻ってきて欲しい。。。。

今は、ジョン・ドゲットという人がパートナーになっている。
シーズン9で終わりとのこと、まだまだ楽しめそうです。

Xファイル公式ページ


「イン ザ カット」

これも見ました。(DVDで)メグ・ライアン好きなので借りてきた。面白いか、といえば微妙。でも映像美しい。ひとつのシーンでもカメラの撮り方が美しくて(ピンのあってる場所がすっごく狭い、かつ移動する)それはそれで楽しめたかなぁ〜。エロティックなシーン満載。まぁ〜、見ても見なくてもいい映画かもしれないなぁ、と思いつつ、でも私は結構楽しめた。やっぱりメグ・ライアン美しい。America's Sweetheartってキャラじゃなくてこういうミステリアスな女性もよいです。

「24 Season 3」とりあえず、出てた分

シーズン2を夢中で見ていたので、かつ終わり方が衝撃的ということもあり、シーズン3をTSUTAYAで借りてきて見ました。レンタル開始日から張ってて?やっと先週中ごろゲット。まったくもって、作り手に踊らされている消費者という感じ。

なんだか、前ほどの感動はなくなってきた。そりゃあ、そうでしょう。驚きに慣れてきた、というか。むしろ最近は、登場人物が結婚したりいろいろな変化に驚いたり楽しんだりしている方かも。今のところシーズン2の方が面白かったかなぁ〜。今、レンタルしているのは初めの7話くらいなので、まだまだこれから、というのもあるけれど。

最近は、トニーカッコいい、パーマー大統領かっこいい、みたいな所でしょうか。トニーみたいな濃い顔、そもそもあまり好みではないのですが、さすがにシーズン1から50話近く顔見てると好きになってしまうのかも。(一緒にいる時間が長いほど付き合う確立が高まる、みたいなことと同じか)パーマー大統領はシーズン2はカッコよかった。英会話の先生で「24」にはまってる人と話していたら、やはりパーマーはアメリカ人にも人気があるよう。ジャックとパーマーは絶対死なないだろう、ってい言っていました。

「モンスター」

「モンスター」行ってきました。
シャーリーズ・セロン主演で女性の連続殺人犯アイリーン・ウォノスの実話。
シャーリーズ・セロンが13キロ体重を増やしてメイクアップをして、まるで別人のような姿で熱演しています。まるで別人、というかアイリーンにそっくりなのです。

その後、「アイリーン」というDVDを借りてきました。これは本人の逮捕後の映像やインタビューを集めたドキュメンタリーです。見ていて、映画のアイリーンと本人が似ているのには本当に驚いた。単に顔だけでなく、表情・しぐさからかもし出す雰囲気がすごく似ていて。特に法廷のシーンなどはすごいです。

アイリーンの逮捕後の供述やインタビューを見ていると、真実はなんだったのか、というのが本当に分からなくなりました。過去起きたことが人間の頭の中で解釈されたり利用されたりして口から出てきている。事件から何年もたつと記憶は歪められていくものだし、特に収監され敵意のある人間や金儲けに利用しようとする人間の中にいると混乱してくるのだと思う。死刑直前のインタビューでの彼女の姿はすごいです。

このドキュメンタリーを見ていて、続きを読む

デビルマン

映画化された「デビルマン」見に行ってきました。

死ぬほどひどかった。
ひどいという話は聞いていましたが、ここまでひどいとは思わなかった。。

そもそも、そんなに期待はしていなかったのですが、
1分CMをFOXでやっててCGがすごかった(漫画のイメージにかなり近かった)ので、見に行ったわけですが。

友達もひどいといううわさを聞いていたのですが、予想よりひどかったとのこと。何がひどいか、っていうと、脚本というか内容が変。必要なことが語られていない、エピソードが中途半端、変にラブシーンが入っている、などなど、
友人曰く、「原作読まないで作っちゃった、って言われても驚かない」とのこと。同感です。

せめてCG部分をもっと増やしてほしかったなぁ〜。
CGだけ繰り返し10回のほうがまだましだったかも。。。

モリー先生との火曜日

こないだCATVで見た映画。

原作本が友達の間で回ってて、去年読んだ。とてもいい話。(実話)
大学時代の教授が不治の病に侵されているのを知って
過去の生徒だった主人公が家に訪れて最後の個人授業を受けるという話。

映画化されてるのは知ってたけど、たまたまCATVでやってたので見た。
本を読んでるのもあってか、最初から最後までずーっと泣きっ放しで。
続きを読む

解夏DVD点字のメッセージ

「解夏」のDVDのプラスチックケースに表示してある点字のメッセージが何なのだろう、とオフィシャル掲示板に書き込みをしていたところ、ある方が返信をつけてくださって教えてくださいました。

----------------------------------

生きるということは不思議なもの。
喜びの中に悲しみの種は蒔かれ、
絶望の底に希望は芽吹く。
小さい命を誠実に生きることは、心の力仕事だ。
「解夏」を通してあきらめない悲しみと、
あきらめない喜びが伝わるといい。

----------------------------------

解夏の映画によせるさだまさし氏の
メッセージです。リーフレットにも掲載
されていましたが、このメッセージが点字で
書いてあることに改めて感動しました。

ちょっと目頭が熱くなりました・・・

解夏

ずーーっと見たくてDVDレンタルを待っていた「解夏」見ました。

オフィシャルサイト

最近は、「24」とかハリウッド系展開がスピーディ・ドラマチック・音声派手、みたいなものに慣れすぎてしまっていたのに改めて気づかされるような続きを読む
Recent Entries
  • ライブドアブログ