エントリークラスは卒業したので、今日からビギナークラス。勝手が分からず、まごまごしてしまった。

パターやアプローチの練習から始まり、カメラのある座席でスイングの練習。

パターは強さが難しい。腕とグリップの三角形を崩さないように振るというのがなかなか慣れない。2メートル離れると、軌道を真っ直ぐ打つのが難しくなる。これは練習あるのみね。

アイアンについては、グリップがよく分からなくなってしまい、改めて直してもらった。

シャフトの上から被せるように握る。

そうしないと、ヘッドの重みに耐えられなくなってスイングが崩れる。
クラブを振り上げた時にヘッドが上にあがるように手首を返す練習を。


指は引っ掛けるように握る

スイングすると、ヘッドの重みでグリップが暴れるので、それを抑えるために指でしっかり握ること。

両手とも同じ。

左手をしっかり握ることで、フェースの角度を安定させる

トップになってしまうのは、起き上がるのよりは、左手がしっかり握れておらず、ヘッドの角度を安定させられてないから。


まぁ初めにならったことのおさらいなんだけど、身体に染み付くまでは何度も練習しないとダメだということね。まぁスポーツだし当たり前か。

カメラ付きの機械を見ていると、起き上がりはかなり改善されてたので、やはりグリップが問題だったんだな。確かに後半改善してきたし。

機械によると、飛距離は70ー80ヤード。 ヘッドスピードは18-22ってところ。

今日は焦らず、一回一回丁寧にスイングした。少しずつ、ボールの芯に当たりやすくなってきた。

どれだけミスを減らすかが大事なので、まだまだ練習が必要だということが分かった。