nana_tkのdiary

東京都在住アラサー→アラフォー女性の日記です。

2012年01月

ベルリッツのカウンセリング受けてみました

ベルリッツの冬季集中レッスンも早いもので半分経過しました。

せっかく高いお金を払っているので、不満足なところは軌道修正してもらおうというのと、いくつか質問があったので、学習カウンセリングを受けてみました。

こういうカウンセリングって全く期待しておらず、こちらの要望を伝える場くらいな認識で受けて見たのですが、意外とちゃんとしてたので嬉しい驚きでした。

マンツーマンレッスンでも、どんなやり方がいいかって人それぞれですが、「先生と生徒の話す割合はどれくらいがいいか」「話ながら細かい文法のミスを直して欲しいのか、それとも流暢性を重視して文法ミスは最低限にして欲しいのか」など、レッスンの方向性について、リクエストの選択肢も用意されていました。

私は、「リスニングや文法は飛ばして欲しい」「細かい文法のミスは逐一直して欲しい」「ロールプレイを増やして欲しい」というリクエストをしました。

その直後のレッスンの先生にも伝えてあって、そのとおりにやってもらえました。

こういうタイプの方はこういうミスが多いので、こういう復習をしたほうがよい。。みたいなアドバイスもいただけました。

その後のレッスンでは、おもに宿題の英作文の添削をしていただきました。

英作文をしていると、可算名詞・不加算名詞でつまづくことが多いのがよくわかりましたね。

いろいろと疑問を解消していただいて実りの多いレッスンでした。

やっぱりベルリッツはいいなぁ、と改めて思いました

宝塚歌劇 雪組 サムライ(Samourai) 日本青年館

写真 (5)


おはようございます

昨日、日本青年館で雪組公演「サムライ」(朝の回)を見ました。

金曜日が初日だったので、東京では2公演目ですね。

幕開け直後の連獅子が華やか!そしてカッコいい!迫力ある!

宝塚の生徒さんって本当にいろいろな芸をなさるんですねぇ。感心します!

お話は前田正名という明治維新の頃の志士のお話。

坂本龍馬の夢を受けついでフランスに留学し、異国で侮蔑を受けて苦悩しながらも、普仏戦争ではサムライの矜持と誇りを示すために市民兵として参加する・・・というストーリー。

このお話、男性や外国の方にも楽しんでいただけるのではと思います。

日本人らしさを考えさせられる公演でした。

原作は「巴里の侍」という本ですが、維新の志士の中でも前田正名が主役のお話はほとんどないようですね。

これは、原作本もかなり期待できるぞ!と思って、早速劇場で購入しました。

舞台では、和モノらしく殺陣なんかもありつつ、後半戦はフランス軍のコスチュームものということで、宝塚らしい盛りだくさんな内容でしたよ。

音月桂演じる前田正名がいつしか和風オスカルに見えてくるようなシーンもあり。。。(いや、男性の役なんですけども)

やっぱり金髪の長髪の軍服は宝塚ならでは

音月桂さんのなめらかで伸びのある声も堪能しました

雪組の生徒さんたちがみんな熱演で、気合が伝わってくる舞台でした。

最後のご挨拶では、音月さんが「今日はセンター試験なので、受験生の皆さんに負けないように熱く行きます!必勝公演!」みたいなことをおっしゃっていて和みましたよ。

宝塚歌劇 星組 オーシャンズ11

おはようございます

怒涛の一週間が終わりました。

ここのところ忙しくて、木曜日に定時に会社を出るために週明けからきっちりスケジューリングをしておきました。

木曜日は夕方に依頼されそうな仕事を朝から催促しつつ。。。

無事、木曜日はオンタイムで東京宝塚劇場につきましたよ

オーシャンズ11の映画は見たことなかったのですが、

今、宝塚で一番勢いのある星組の公演ということで楽しみにしておりました。

柚希礼音と夢咲ねねのトップコンビを見るのはとても久しぶりです!

柚希礼音は男にしか見えないんですがw

今回は、夢咲ねねの美しさにやられました。

スラリとしてバービー人形みたい。でも、大人の女でセクシーです。

写真 (4)


アメリカのお話だったので、ぴったりでした。

トップコンビは大人の男と女という雰囲気でカッコよかったですよ。

お話はシンプルですが、途中でイリュージョンがいくつかあって楽しめました。

ショーが短かったのが残念ですけど。。。。こういうテイストのショー好きなので。。。

華やかなショーってなんでこう元気になるんでしょうね。

女性には華やかでキレイなものを見る機会が必要なんですね

実は英会話を

始めました。。。。

まだ大学院も残っているのに、なにやってるんだろう、って思いつつ(・◇・)ゞ

ベルリッツの冬季集中コース、25セッション。プライベートレッスンです。

もう、あまりにも英語の喋れなさに自己嫌悪が酷くて、

これまでと違うことやらないと克服できないと思って。

なんて書くと、各所から

「えらいねー」「すごいねー」「まじめだねー」と言われるのは承知なので、

誰にもカミングアウトしておりません。

年末年始どこにも行かないし、まぁいいかって思って。


そして、年末年始5レッスン消化しました。

ベルリッツではICレコーダーでレッスンを録音して復習するよう推奨しているので、

昔買ったICレコーダーを4年ぶりに引っ張り出しましたよ。

つたない英語で喋る自分、ごまかして笑ってる自分。。。。

なんつー罰ゲームでしょうか。。。

単数・複数、過去形・現在形、間違えまくりですよ。

いつものことですけどね。

英語のMBA通ってても英語自体はあんまり上達してないんだなぁ、とがっくりです。


それにしても、ベルリッツの英語教材、すごくよいですね。

仕事で出てきそうなシチュエーションや表現満載です。

AEON, GABAなどなどいろんな教室通いましたけど、かなりいいです。


先生も、Exective Coachやってた人とか、ビジネス経験ある方多いので、

会社で使う表現をいろいろ教えてくれていい感じです。


お金もはらっちゃったし、やるしかないですねー。


フランクリンプランナー

あけましておめでとうございます

今年もフランクリンプランナーの手帳を買いました。

以前、会社の研修で7つの習慣の研修を受けたのがきっかけです。

大学院と仕事の両立のためにはタイムマネジメントは欠かせない・・・っていうとカッコいいですが、

休みを確保するためには計画性がないと。。

去年は全部いりのオーガナイザーでしたが、今年はバインダーにしました。

忙しすぎてなかなか使いこなせなかったのですが、

1日1日のタスクリストはとても使いやすかったので、リピートすることにしました。

で、最近、仕事できる女的な演出も必要なのか?と思い、革のバインダーを検討。
くそ真面目なやつにしようかなーっと思ったけど、結局白のクロコ型押しの甘めなデザインをセレクト。

手帳


宣伝の文句はこんな感じ。

「キュートで上質なパステルカラーバインダーが新登場。毎日お使いになるバインダーに、トレンドである甘めのテイストを取り入れました。上質な牛革に施したクロコの型押しと程よく吹き付けたパールが、女性の魅力にさらなる輝きを添えてくれます。流行のシャイニー素材の洋服やバックとのトータルコーディネートやベーシックカラーの装いの、アクセントとしてお楽しみいただけるバインダーです。」


あんまりできる女演出になってないし。。

しかし、おじさん向けのフランクリンプランナーも頑張ってますね。


ところで、フランクリンプランナーのリフィルには、価値観とか自分の役割を書くフォーマットもあるんですが、

小っぱずかしすぎてなかなか手につけられず。

誰かに見られたらと思うと、なかなか持ち歩くのはしんどいですよねぇ。

一応書いてみたけど見返す気にもなれないし。

なので価値観云々はやめて、今年は目標管理シートを追加してみました。

これなら私にもできそう・・
Recent Entries
  • ライブドアブログ