nana_tkのdiary

東京都在住アラサー→アラフォー女性の日記です。

2006年04月

あわない靴

あわない靴を履いていると、靴ずれしたり上手く歩けなかったり、下手すると足自体が変形してしまったりします。

人間も、あわない場所にいるとどんどん痛んで行く気がします。それなのに無理にその場に自分を合わせようとするとなおさらいろんな所にダメージが出て来てしまう。


私の場合、無意識に場に合わせようと気を使ってしまって自分らしさを出せる場面がどんどん減って来てる。その結果気付かぬうちに自信がじょじょに無くなって来て悪循環。

そうなると今度は悪循環にはまっている自分がいけないような気がしてくる。まじめすぎる、とか優しすぎるとか、自分の良い所まで、まるで悪いことのように人に言われるようになったり。


すべては合わない靴のせい。足は全然悪くない。

そんなことをしみじみ実感します。

ずっと履いているうちに足にあってるかどうかさえ分からなくなっている人や、もともと合う靴なんてないもんだ、と思う人、足になじむまで掃き続ける人…いろいろいるけど私はやっぱりそういう風はなれない。

きちんとピッタリ合う靴を探そう、と思います。



足裏マッサージ

久しぶりに足裏マッサージしてきました。

というのも、腰がなかなか治らなくて。
休日になると緊張が解けるのか腰が立たなくなるので。
腰は怖いからやりたくないけど、だるくてたまらなかったので足裏に行きました。

家から1分の看板の出ている所に駆け込みました。
接骨院の上にある、アパートの1室でやってるような所。
あやしーって思いつつも、背に腹は変えられず。

普段は英国式の「おみ足をどうぞ」っていう上品な所しか行かないのですが、
今回行った所は、近所の元気いいおばちゃんがやっているような感じ。

おばちゃんが足の中心のツボを押し始めたら、

「うっわーーー、こりゃ眠り浅っさいわーー!」ですって。

「すごい、すごい」といいながら容赦なくグリグリ。私は

「いたたったたたたーー」っともだえまくり。

「ぜんっぜん力入れてないよー。触ってるだけだよー」と言っていますが、
私は、痛みで気絶するかとおもいました。。。

親指の「大脳・脳下垂体・小脳」も死ぬかと思った。
椅子の上でのた打ち回りました。「(お母さん)助けてーっ!」と言ってしまいました。

もう、肩・背中・腕などは当然痛く、内臓もボロボロ。
「胃酸すごいでてるでしょー」とか言われ。どこもかしこもボロボロでした。

「毎日緊張しまくりでしょうー。副交感神経にうまく切り替わってないんだよね」

なんていわれちゃいました。仰るとおり。本当にそうなんです・・・。

「心鬼にしてやってるんだからねー。がんばってー」などと言われたので頑張りました。お陰で、終わりの頃には同じツボを押しても全然痛くなくなりました。

これだけやってくれたお陰で、帰って横になったら眠ってしまい、
汗びっしょりかきました。随分悪いものが出た感じ。

「デリケートなんだねー。もっと「まいっか」っていう風に生きなきゃダメよ」

とも言われました。どこ言ってもこういう風に言われるワタシ・・・。
もう耳にタコなんだけど。。
でも自助努力ではうまく切り替えられないみたい。

転職後1年の疲れがドバーっと出ているのもありそう。

足裏とか鍼とかちょっと集中的に通ってみようかな・・・なんて思うのでした。

おいしくない

納豆巻きをコンビニで買いました。パックのやつ。

お醤油のパックとともに、和からし&たれ(餃子につけるようなやつ)のセットも入っていました。

「なぜ??納豆は醤油なはずなのに・・・」

と思いつつ、

もしかして、新たな食べ方として納豆巻+たれという
のを提案しているのかしら?

と思って食べてみたら、全然おいしくなかったよ!!

納豆の味が消えてしまっておいしくない。。。

それとも、こういう食べ方も元々ありなのでしょうか・・・・

なんか納得できません。
誤封入のような気もするけど。

「流れ星のやうな人生」

エレカシのHPの掲示板に、こんな書き込みがありました。

この曲の歌詞を思うと、なんともいえない気持ちになって涙が・・・。

こんなことってあるんですね。小説みたいです。
書き込みされた方から了解を頂いたので転載します。

(この曲、iTune Music Storeでも着うたでもダウンロードできます★)

--------------------------------------------------------------------------

今月引越しすることになった僕は今夜、部屋を片付けていました。

机を整理したら高校や中学生の頃の懐かしい教科書なんかがいっぱい。
しまいには小学生の頃読んだ本が出てきておおはしゃぎで真剣に読んでみたり・・

そのうち棚を整理したらヘンテコな箱が。なんだろうと思って開いたら中学生の頃に作った覚えがあるラジオでした。
「まだ点くのかな」と思ってスイッチを入れたらまだ聞けるんですよこれが。
もう9年くらい経ってるのにすげぇなぁ・・ってチャンネルを回していくと・・

「遠い空〜から落ちてきたぁ〜♪流れ星のような人生〜」

「えぇええええええええええ!!!!!!!????」ってもう一瞬何が何だか分からなくて・・ハッとしてすぐにラジオを持っておばあちゃんのところへ全速力。
「おばあちゃんおばちゃん!!聞いてコレ!聞いて!!」

あまりにも興奮してる自分に一瞬何がなにやら分からない様子のおばあちゃん。

でもすぐに「あぁ〜この前聞かせてくれた『流れ星のやうな人』?」って気づいてくれた。
「ううん、人じゃなくて人生だよ」って答えるとすぐさま部屋に戻ってラジオに耳をつけたら宮本さんの声が聞こえてきた。
「なんか一生懸命やって・・本当に嬉しい」みたいなことを言っておられました。

僕はその歌を聞いていると涙が出ました。CDで聞くのとはまるで別物で・・

それに、目の前の昔の教科書とか日記見てると、
あの頃真剣に抱いていた夢とか希望とか思い出して・・

今の自分を思えばこそ、僕はどこかで人生の選択を間違ったんじゃないかとか
色んな事が頭をめぐって涙が出ました。

でも「今の自分を信じてみなよ」っていう最後の歌詞に勇気付けられました。

今調べたら、もとから今日出演する予定だったんですね。
恥ずかしながら知らなかったもので、吃驚しました。
二度と使う事なんてないと思っていたラジオから流れる宮本さんの声と
エレファントカシマシの演奏・・言葉じゃ表せないくらい今夜は感動しました・・。

--------------------------------------------------------------------

この話を読んで・・すっごいツボに入って1リットルくらい涙が・・・。
おばあちゃんのかわいいリアクションがまた良いです。

春の腰痛

先週末、ひどい腰痛になりました。

立てないし座れないし・・・えらいめにあいました。

「腰痛って癖になるよね」と上司に言われたので思い返してみたら、

ここ数年、3月末〜4月上旬で腰を痛めています。

熱もだしてるし。

だいたいこの季節って春が来たー・・・とテンション高く
予定を入れるので、そのせいで週末倒れることが多いようです。

お陰で週末のお花見は行けないことの方が多い気が・・・

季節の変わり目というのもあるのかも。気温が下がるより上がるほうが
カラダに負担がかかる気がするし。

なんだか、いつも同じパターンで調子を崩すので笑っちゃいます(笑)。
今回もパターン発見。花見の季節は腰痛に注意。

これも個性なのかな?

ベースは「テンション高で持続→急に電池切れ」というのを
繰り返してるような気がするけど(笑)。
グラフで表したら、山脈みたいなのが続いたら、いきなり谷、みたいな感じ。
その繰り返し。

多分、自分より他人の方がもっと見えてる感じはしますけどね。。。

「町を見下ろす丘」

エレカシの新譜。

今回は宮本浩次さんはどんな境地に至ったのか?と思いながら聞いてみました。

曲というよりもう生き様を楽しみに待っている感じ。

でも、声の良さにやられました。詩もすごくいい。

びっくり。今回はホントに名盤かもしれない。


午前4時くらいに聞きたい曲が多いです今回は。

人生振り返るような歌詞が多いです。
全体的に沁みる感じ。

ずっと「勝利」にこだわってきたのが、
もうこのアルバムには勝ち負けという言葉は出てこなくなりました。

ちがう場所に今はたどり着いたのかなぁって。

とにかく、声がすごいよいです。物理的に胸の奥あたりに響くのは何故??
今日、全然しみじみな心境じゃなかったのに、しみじみさせられてしまった。。
声で泣かせられるってあるんですね。

なかでも「なぜだか、俺は祈っていた」という曲は詩がすごくいいです。
あと、「流れ星のやうな人生」も。

ぜひ聞いてください!

宮本浩次っていう人はこれからどんな風に生きてくのかなー、
どんな死に方するのかなーってボーっと考えてしまいました。

町を見下ろす丘

神様のお告げ

ここ最近、どうも自分の無意識に想定していた結果と違うようなことが起こって、
毎日浮き沈みが激しいです。

こんなんじゃ神経もたないなぁ〜・・・と思いながら、

「一体全体、どうなってるんだと、神様に問い合わせしたいよ!!」

などと、友達にメールをしていたところ。

ブログのコメントお知らせメールが来ました。

O君からコメントがあったとのこと。

O君は、100人あったら100人が「いい人」と認める仙人のような素敵な人です。

そのコメントには、

「止まなかった雨を、君は見たことがあるかい?」

という一文が。

O君に言われると、神様からのお告げのような気がしてきました。


・・・というか、そういうことにしておこうっと。


6c64b644.jpgきれいです。

ホッとする。

写真で撮るとこういう色になってしまいました。

ずーっと眺めていたかったです。

ストーブのない暮らしになってから火を見る機会が減ってしまった。

火ってこんなに癒されるのにな。


リリー・フランキー

さんがテレビに出ていました。教育テレビでやってる対談番組。

母親が亡くなったことについて

「あーこんなにつらいことってあるんだなぁ。

それで、交差点を行きかう人たちを見てて、

皆こんな想いをしてるんだなぁ、と思った。

そしたら、皆すごい頑張って生きてるんだなぁ、って思った」

というようなことを言っていました。

そういうの、なんか分かる。「あー、こんなつらいことってあるんだー」って感覚。

私の場合、

続きを読む

「自分を磨く方法」

という本を読みました。

本屋で帯にかいてある、

「逆境は永遠には続かない。
だが、逆境に屈してしまうと、それはいつまでも続く」

という言葉が目に付いた。

悩んでいるときに、目に入ってくる言葉はなにかしらヒントになると思っているので
迷わず購入。

見た目には分からないこともありますが、今、結構、試練の時。
もしかしたらこんなに試練を自覚したのは初めてかも・・・という感じ。

いい本です。

響く言葉がたくさんちりばめられていていちいちズシンと来る感じ。

続きを読む
Recent Entries
  • ライブドアブログ